スキンケア

大人女子が若返り肌のツヤとハリを取り戻すスキンケア

更新日:

女性は加齢とともに保湿が失われていく。

特にⅢ型コラーゲンと言われる若い人の肌い多く含まれる成分が不足してきます。

40代50代の大人女子が若返るには、肌のハリとツヤを出さないと若返りは難しい。

大人女子が若返るにはⅢ型コラーゲンを摂り肌質を若いころのように蘇させる必要があります。

大人の女性に必要なスキンケアは保湿をたっぷりとることが大事なんです。

大人女子が若返る肌

大人女子は段々とⅢ型コラーゲンが減少することで老けた肌になっているんです。

おばさんとは言わせない肌で外出することが大切なんです。

綺麗にして外出してみんなに見られるのがより綺麗になる秘訣です。

外出して綺麗にみられるのはファッションだけ気を使ってもダメなんです。

化粧では隠し切れないのが年齢なんです。

土台となる肌を若返させないと本当の若返りにはなりません。

近づいたらおばさん丸出しです。

加齢とともに保湿がなくなる

女性はとくに男性と違い保湿が保たれないんです。

乾燥してしまう肌質なんです。

だから女性だけがスキンケアして男性は洗顔して終わりなんです。

ポイント

  • 男性と女性の保湿は20歳でピークを迎える
  • 男性は加齢とともにゆっくりと下降
  • 女性は20歳をピークに急降下する

したがって女性でスキンケアをしない人はいないんです。

綺麗になりたいからスキンケアをしているわけではないんです。

乾燥による肌荒れを防いでいるんです。

若返りの美容液

肌をツルツルにするのはコラーゲンなんです。

肌自体の若いころにあったハリやツヤはⅢ型コラーゲンの減少でおばさん肌になってしまうんです。

ただ保湿を与えても加齢は隠せません。

みんながしていることをしても肌に変化は生まれません。

そこで登場するのがⅢ型コラーゲンなんです。

Ⅲ型コラーゲン

  • 赤ちゃんの時に多く肌にある成分
  • ゆっくり下降して20歳で急降下する
  • Ⅲ型コラーゲンがなくなると肌にツヤやハリがなくなる

こんな肌に高級なファンデーションを塗っても変わらないんです。

土台の肌質が綺麗なら安いファンデーションで綺麗になれるんです。

お金のかけ方を知らないのは若い時だけに通用することです。

大人女子がしてはダメなんです。

ツルツルな肌の大人女子

いくらザラザラの壁に色を塗ってもいつまでもザラザラです。

相当な厚塗りをしない限りツルツルにはなりません。

でも元々ツルツルの壁に色を塗ったら薄塗りでもツルツルです。

いかに土台が大切かわかると思います。

 

毛穴が広がった肌にいくら厚くファンデーションを塗ってもツルツルにはならないんです。

コラーゲンたっぷりのプルンプルンの肌だったらファンデーションはチョットで良いんです。

肌質がスベスベだと若く見えるんです。

「えええッ この人わたしと同じ年なの?」ってことないですか?

年を取ってからの同窓会で若く見られるのは下地が違うからです。

下地が綺麗なら厚化粧もいらないんです。

肌が綺麗なだけで若く見えるんです。

若く綺麗にみられたい大人女子

いつも薄化粧でいられるような綺麗な肌が若く見えるんです。

毛穴の締まりやでこぼこのない綺麗な肌。

肌のハリやツヤ、それに弾力性が柔らかな肌を作ります。

若い時は体内で作られていたコラーゲンも年とともに減少します。

外から別に与える必要があるんです。

「ええッ この人52歳!」って驚くことたまにないですか?

やはりそんな人って化粧やファッションの外見ではないんです。

下地がきちんとできてるからこそ保湿があるように見えるんです。

だけどギトギトしていない艶やかでスベスベな肌なんです。

こんな女性に見られたくないですか?

娘と姉妹だと思われたくないですか?

同窓会で「いつまでも若いね♪」って言われたくないですか?

大人女性が綺麗でいる秘訣

Ⅲ型コラーゲンがたっぷりのビューティーオープナーを使うのが若い良い女に見られるスキンケア。

出来るだけ外出して多くの人に見てもらう。

旦那以外に恋をする。でも片思いで終わるのが前提です。

 

今美容にお金をかけている大人女子が増えてます。

お金のかけ方間違わないでください。

ビューティーオープナーが貴女を若返させます。

ビューティーオープナーを使って多くの人に見られることで若返り綺麗になろうとする意識が芽生えるんです。

若い時みたいに恋をするのが良いかも…

ただしビューティーオープナーを使わないと綺麗な若返りはできません。

 

-スキンケア

Copyright© 大人女子の若返り方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.