ファッション

若作りしない!大人女子が綺麗に着こなせるファッション

20代の頃は40代50代ったらもう女性としては終わりだと思っていましたが、実際に40代後半から子供が巣立ち自由になったらまだまだイケてる年齢だって気が付く。

20代の若い頃には「40代後半ったら人生終わってるじゃん」って思ってた年齢に自分がなると意外に若いことに気が付くんです。

大人女子が自然に綺麗に着こなす

学生の頃自分のお母さんを見て年齢を感じたものです。

でも実際に自分が45歳とか55歳になってもまだまだ若いことに気が付くんです。

まだ社会的にも高齢者じゃないんです。

まだまだ男だって寄り付く年齢なんです。

自分で勝手にあきらめているだけなんです。

子供が巣立ってお金に余裕があったら自分に使いましょう。

45歳からの自然で綺麗なファッション

街の中など外出すると「あの人若いわね!」って思ったことありますよね!

「あんなに若いかっこしてわたしと同じ年なんだ…」って思ったことありませんか?

話すぐらい近くによると顔のしわや髪質も見えますが、離れているとファッションで決まるんです。

「今日はスーパーにしか行かないから何でもいいや」ってダメなんです。

普段から綺麗にしていないと身に付きません。

ポイント

避難訓練は本番を想定して動く

本番は避難訓練のように落ち着いて動く

こんなことと一緒だと思います。

せっかく買った服です。

着こなしましょう。

子供や旦那が並んで歩きたくなる

自分が「今日はこれでいいや」って思った服はその程度しかないんです。

調理するときなエプロンしたりこれからの人生オシャレに行きましょう。

オシャレなお母さんにはみんながついてくるんです。

時にはウザったいときもあるでしょう。

子供がついてくる旦那が惚れ直すファッションはこれからの貴女の人生を変えることでしょう。

顔や髪は時間がかかります。

ゆっくりと若返りましょう。

でもファッションは着替えるだけの時間で良いんです。

ただ着替えるだけで「あれっ 前から歩いてくるのうちのママじゃない?」ってなるんです。

おばさんなのはファッション

おばさんと定義されるのは何歳からですか?

おばさんだからって自分であきらめてるからみんながおばさんだって言うんです。

着るのに抵抗を感じる派手なものはダメ。

あくまでも自然に綺麗に着こなせるのがファッションです。

今の自分から生まれ変わりましょう。

年相応って言われますが、誰の基準で決めているのでしょう。

同じヒョウ柄にも若いデザインとおばさんデザインとありますよね?

同じようでも違うんです。

着こなすファッション

着慣れないからって服に着られているうちは全くダメで、自分で着こなして初めてオシャレと言えるでしょう。

若いうちは肌を露出していましたが、今は隠すのではなくて服を着こなしたら隠れちゃったっていうのが正解です。

自分で着こなして堂々と綺麗な大人の女を演出しましょう。

 

-ファッション

Copyright© 大人女子の若返り方法 , 2020 All Rights Reserved.